くらしの情報

クロスコネクション(誤接続)はダメ!

登録日:2014年5月7日
上下水道課


クロスコネクションとは
 クロスコネクションとは、下の図のように給水装置とそれ以外の水管(井戸水等)その他の設備とを直接接続している状態のことです。

※バルブの切り替えで使用できる状態でもクロスコネクションとなります。

クロスコネクション




どうしていけないのか?
◎水道水を安全に保つためです
 クロスコネクションは、井戸水などが水道本管へ逆流し、万が一その井戸水などが汚染されている場合には水道水汚染の原因となり、水道を使用している他のお客さまへも迷惑をかけることになり、最悪の場合は水道水を使用できなくなります。

 

◎こんなことも起こります
 クロスコネクションをそのまま放置しておくと、井戸水などが水道本管に流入するばかりではなく、反対に大量の水道水が「井戸」などに流れ込み、後日思いもよらない莫大な水道料金が請求されることがあります。
 この場合の水道料金の免除または減額措置は一切ありませんので、請求金額の全額をお支払いいただくことになります。


クロスコネクションを発見した場合
 クロスコネクションが発見された場合には、水道管との切り離しが確認できるまで、高島市水道事業給水条例の規定に基づき、そのご家庭の給水を停止することがあります。
 なお、切り離し工事に係る費用はお客様負担となります。

 


 

水道を使う方のマナーです。ご協力お願いします。
 


関連ディレクトリ



お問合せ先:上下水道課
TEL :0740-22-9037(水道工事・施設管理)
FAX番号:0740-22-5530(水道工事・施設管理)
MAIL :jougesui@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る