健康・福祉・教育

市民の皆さんへ 『たすけてサイン』 を見逃さないで

登録日:2010年11月2日
子ども未来部 子ども家庭相談課

オレンジリボン

 子ども虐待は、子どもの人権を著しく侵害するもので「こころ」と「からだ」に大きな傷を残し、子どもの将来に大きく影響を及ぼすことから、社会全体で早急に解決すべき重要な課題となっています。

 マスコミ報道等でご存知の通り、今年に入り、全国での子ども虐待による死亡事件が相次いでいます。市内でも、子ども虐待相談件数は年々増えており、過去には死亡事例も発生しています。
 また、それぞれの事件では、学校や病院などの関係機関や近隣の住民が異変に気づいていたにも関わらず防げなかったことが報道されています。

 あなたのまわりに、もしも『たすけてサイン』をだしている子どもや保護者がいたら、どうか連絡してください。あなたのもしや?が子どもと家族を救います。

扉をあけて

見逃さないで!『たすけてサイン』

【子どもからのサイン】

□異常な泣き声が聞こえる。
□戸外に閉め出されている。
□不自然な傷やあざがある。
□大人を見るとおびえる。
□落ち着きがなく乱暴、情緒不安定 など

【保護者からのサイン】

□子どもの健康や安全への配慮がされない。 
□衣類や寝具がひどく不衛生。
□子どもを家に置いたまま、よく外出する。
□いつもイライラして、子どもにあたっている。
□地域との交流がなく、孤立してしまっている。

 

【通告(連絡)先】

高島市役所子ども家庭相談課
電話:0740-25-8517


滋賀県子どもを守るホットライン(24時間対応)
電話:077-562-8996


児童相談所全国共通ダイヤル(24時間対応)
電話:0570-064-000

 

待ちくたびれる

関連ディレクトリ



お問合せ先:子ども未来部 子ども家庭相談課
TEL :0740-25-8517
FAX番号:0740-25-5490
MAIL :kodomo@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る