市政の情報

【090415記者提供資料】公立高島総合病院整備(改築)基本設計の概要について 

登録日:2009年5月27日

■公立高島総合病院整備(改築)基本設計の概要について   

 平成20年度に実施しておりました、公立高島総合病院整備の基本設計がまとまりま

したので、その概要についてお知らせします。
 
▼整備目的
 公立高島総合病院は高島地域唯一の公立病院でありますが、建築後42年が経過し老

朽化、狭隘化に加えて現行の耐震基準を満たしていない状況であります。
 高島地域の中核病院としての役割と将来の医療環境の動向を充分に認識し、高度医

療を提供し続けるとともに、災害拠点病院として整備を目的としています。
 また、救急医療機能の充実や健診・疾病予防機能の充実をはじめ三大成人病(新生

物、心疾患、脳血管疾患)の高度医療機能の充実を図ります。

▼整備方針
 (1)地域の中核病院としての整備
 (2)災害拠点病院としての整備
 (3)救急医療機能の充実
 (4)健診・疾病予防機能の充実
 (5)三大成人病(新生物、心疾患、脳血管疾患)の高度医療機能の充実
 
▼病床規模
 (1)210床(一般病床206床+感染病床4床) 個室率54%
    
▼事業規模
 (1)病院本棟(新築)鉄筋コンクリート造5階建(免震構造)
    延べ床面積 A=14,207平方メートル 5病棟
    1階:外来、救急、中央処置、化学療法、生理検査、放射線、内視鏡、薬剤、RI
    2階:手術、検体検査、血管造影、管理、院内学級、厨房、リネン、SPD、機械室
    3階:外来(産婦人科)、リハビリ、人工透析、病棟45床
    4階~5階:40~41床/ユニットの混合病棟

 (2)既存南病棟(改修)鉄筋コンクリート造4階建 
        延べ床面積A=3,279平方メートルのうちA=2,140平方メートルを利用
        1階:売店、食堂、訪問介護ステーション、倉庫
        2階:健診センター、医局、管理・事務
        3階:会議室、医師会、広域リハビリセンター

 (3)渡り廊下(新築)鉄骨造2階建 A=336平方メートル

 (4)別棟(新築)鉄骨造平家建 A=742平方メートル
         受水槽、排水処理

 (5)院内託児所(新築)鉄骨造平家建 A=170平方メートル

 (6)概算事業費(医療機器・情報システム含む) 約70億円           

                  
 
▼年次計画
  平成21年度   実施設計、解体・造成工事の一部
  平成22~23年度 本棟・別棟・院内託児所建築工事、造成工事
  平成24年4月   開院予定
  平成24年度     南病棟改修工事、渡り廊下工事、外構工事
          既設建物解体工事

 

   ○提供年月日:平成21年4月15日
   ○所 属 名:健康福祉部 病院整備課
   ○TEL:0740(36)8089
   ○FAX:0740(36)8058
   ○E-Mail:byouin@city.takashima.shiga.jp

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る