市政の情報

第20回 全国農村アメニティ・シンポジウム

登録日:2008年8月14日

▼趣旨
  “耕心”いのち咲かす食育 ~農村の生業がつくる食の安全と自然景観~
をテーマに生産者が心をこめて耕し育てた安全な物づくりが人を育み自然や農村を守ること。また、安心・安全に絶え間なくこだわり続ける挑戦者である女性や若者を招きアメニティビジネスを考える。

▼主催
  全国農村アメニティ協議会・農林水産省

▼後援
  滋賀県、高島市教育委員会、(財)農村開発企画委員会

▼開催日
  平成20年8月29日(金)~30日(土)

▼場所
  藤樹の里文化芸術会館
   滋賀県高島市安曇川町上小川106
 
▼日程
  平成20年8月29日(金)
   高島市内現地調査    10:00~16:00
   交流会          18:00~20:00
  平成20年8月30日(土)
   開会            9:00~
   講演            9:15~
   報告           10:15~
   シンポジウム      10:30~
   メッセージ        11:45~
   大会宣言         12:45~
   次期開催地紹介・閉会 12:50~13:00

▼開催日程詳細
  第1日目(平成20年8月29日 金曜日)
 
  ○市内現地調査(受付場所:藤樹の里文化芸術会館) 10:00~10:30 
   A.藤樹さんコース(藤樹記念館ほか):参加者全員を案内 10:30~11:00
   B.水源の里コース(椋川、針畑集落) 11:00~16:00
   C.いのちめぐる水辺、文化的景観コース(針江、海津集落) 11:00~16:00
   ※Aコース視察後、B・Cの2コースに分かれて実施。
   ※参加費:2,000円(定員:50名)
  ○役員会(会場:藤樹の里文化芸術会館内会議室) 16:30~17:30
  ○交流会(会場:ウェストレークホテル可以登楼) 18:00~20:00
   ※参加費:4,500円(50名程度)
  
  第2日目(平成20年8月30日 土曜日)
   ※参加費:無料
 
  ○開会 あいさつ 全国農村アメニティ協議会会長(高島市長)ほか 9:00~
  ○講演 『食べる、生きる、育てる』               
        ~これからの子どもたちに大切なこと~ 
         講師 坂本 廣子
        (キッズキッチン協会副会長、食育・料理研究家) 9:15~
  ○報告 文化的景観の取り組みについて ・・・ 高島市、遠野市 10:15~
  ○シンポジウム
   1.歌による高島の紹介・・・イルネイロ 10:30~
   2.パネルディスカッション 10:45~
   『 農村でのアメニティ・ビジネスを考える 』
      ~ 今、女性と若者の挑戦が始まる ~ 
       コーディネーター  小 野 邦 雄 (地域プランナー)
       パネリスト 農村地域においてアメニティ・ビジネスを展開する女性、若者
  ○メッセージ(藤樹先生生誕400年記念)
   “耕心”を考える講談・・・女流講談師 旭堂 小二三 11:45~
  ○大会宣言 12:45~
  ○次期開催地の紹介(岐阜県白川村)・閉会 12:50~13:00

 

   ○提供年月日:平成20年8月12日
      ○所属名:産業循環政策部 農業振興課
      ○TEL:0740(25)8511
      ○FAX:0740(25)8519
      ○E-Mail:norin@city.takashima.shiga.jp


関連ディレクトリ



よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る