定例記者会見 平成20(2008)年4月

登録日:2008年5月1日

日時:平成20年4月30日(水) 11:00~
場所:高島市役所2階 会議室


 ゴールデンウイークは、皆さんそれぞれ手いっぱいの取材で、お世話になることと思います。高島では、スポーツ、文化の両面で大きな取り組みもありますので、この高島を舞台にいろんな活躍をしていただきたいと思っています。
 5月2日から行われますびわ湖国際フルートコンクールについても、表立っては目立たないのですが、昨年からコンクール用にオリジナルの曲を著名な作曲者に委託し、コンクールの開催とともにフルートの名曲が世に出ているということになってまいりました。既存の曲で技術を競うだけでなく、日本のフルート界にとっても、大変意義のあるコンクールになっているものと思っています。
 また、5月3日からはマウンテンバイクの大会が箱館山で開催されますが、今年は北京オリンピックの予選に出るための第一の登竜門として位置づけられ、この大会の上位者が本戦の選考会に出られるということで、従来のJ1大会以上に、白熱した大会になると思っています。昨年は大変な雨で、泥まみれの大会になり、強豪に割って入るチャンスとして、若い人たちが嬉々として泥の中を走っておられましたが、今回は比較的天候も良さそうなので、それぞれの実力を発揮していただける大会になると思っております。
 よみうり琵琶湖少年サッカー大会のほか、OBC高島もはじめて今津スタジアムを拠点に、交流試合を連続して行います。今回は、見学者から500円の入場料をいただくわけですが、地域の球団として何とか自立していこうという流れからのものでありますので、また、お時間がありましたらのぞいてあげていただきたいと思います。
 市としましては、おかげさまで、4月からスタートして1か月が経ちました。今回支所へ、地域に精通し市民とのやり取りをデリケートにできる方たちを配置しましたので、人数は減りましたが、市民の皆さんからは、良い評判をいただいています。
 病院などの人事と行き来があるので一概には言えませんが、724人の一般職で合併した高島市が、3年で120人減という段階を乗り越えてきたことになります。これからは、公務員でなければならない仕事と公務員でなくてもよい仕事を分類しながら、減らすばかりでなく、市民サービスをきちっとするためのシフトをしていきたいと考えています。
 現在、安曇川の給食センターの調理業務だけの民間委託を検討しています。献立と調理材料については、市が責任を持って監督するのですが、調理という行為については、民間の力で助けていただこうと思っています。そして、それにより生み出せる資金を、有機栽培や地元野菜をより入れていく取り組みに結び付けようと努力をしています。現在は、5品目の野菜の種を植えていくという準備を進めていただいておりますが、そういうことも進めながら、2学期からは、調理の民間委託を実行します。
 中江藤樹先生のことについては、着々と動いているのですが、やはり市民全体に発信できていないことも現実ですので、そのことについても、これから意を用いて努力をして参りたいと思っております。


◆案件
・藤樹先生生誕400年記念 こころの絆~お父さんお母さんへの手紙~全国募集!について
・「里山ジャンボリー2008 自然に学ぶ」の開催について
・「みてねっと!ニュース」の中で市役所各部署(各施設)紹介コーナー“知ってねっと!”開始



よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る