市政の情報

「高島市事業仕分け作業」4年間の取り組み

登録日:2010年4月21日
総務部 行財政改革課

市民評価者 の方々による 「高島市事業仕分け等作業」

 地方分権の進展に伴い、自治体は財政面での自主性・自立性を高め、歳出を効率化していくことが求められております。本市においても現下の大変厳しい財政状況に鑑み、地方分権の理念に沿って、行財政改革を進めていくこととしております。
 市では、その手法の一つとして、合併以来、4年続けて事業仕分け等作業を実施し、市政全般における事務事業の妥当性および効果等についての議論、評価を行うことにより、市政運営の参考としております。
 初めての作業となった平成17年度は、全て市外部の評価者により実施し、2年目以降は市民の皆さまに評価者として参画いただき、市の実施している事務事業、市の運営している施設等についてご議論、評価をいただきました。

 合併年度である平成16年度の普通会計決算額は300億円を超え、明らかに本市の体力を上回る巨額なものでしたが、平成19年度決算におきましては約240億円となっており、約2割の予算削減を達成しております。
 このことは、人件費の削減や指定管理者制度の導入による効率化等、様々な要因がありますが、一番大きなものは、事業仕分け作業において評価者の皆さまからいただいたご指摘、ご意見等に基づく、事務事業の抜本的な見直しの成果であろうと考えております。


○平成17年度から平成19年度の作業に対する予算への反映状況

 (下のPDF文書をダウンロードして、ご覧下さい。)

ダウンロード




○平成20年度作業の結果概要

 (下のPDF文書をダウンロードして、ご覧下さい。)

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:総務部 行財政改革課
TEL :0740-25-8013
FAX番号:0740-25-8101
MAIL :kaikaku@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る