市政の情報

【0219記者提供資料】 「市民協働のまちづくり推進指針(素案)」を検討委員会座長から市長へ提出

登録日:2008年2月20日

▼趣旨:地域コミュニティの発展と市民活動の促進を図り、市民と行政の協働によるまちづくりを目指すため、市民協働を推進するための原則や推進策を示す「市民協働のまちづくり推進指針(素案)」を、昨年6月以降、7回にわたる協働推進検討委員会でまとめ、下記の日程で検討委員会座長から市長へ提出する。
▼日時:平成20年2月25日(月)13:40 ~ 14:20
▼場所:高島市役所 2階応接室
▼報告者
 広原 盛明 氏(市協働推進検討委員会座長、龍谷大学法学部教授)
 富野暉一郎 氏(龍谷大学法学部教授、LORCセンター長)
▼内容
 指針は、第1部の理念では「協働の背景や必要性」に触れ、第2部の実践では、高島版・地域自治組織(まちづくり委員会)が真に市民協働の仕掛けとなるよう「運営7原則」を定めたほか、「まちづくり活動拠点(市民協働交流センター)構想」や行政の役割など、今後に向けた推進策を示している。
 指針提出後、今年度に市の85事業を抽出して事務事業のステップ分析を職員に指導いただいた富野暉一郎氏(LORCセンター長)より、取組み経過の報告と今後の方向について説明いただく。
▼参考
 平成18年3月、高島市・龍谷大学LORC・マキノまちづくりネットワークセンターの3者が「高島市における市民協働事業の推進に関する協定」を締結し、市民協働指針の策定や市民活動のネットワーク化に取り組んでいる。
 平成18年度には、市民有志や学識経験者、行政職員によるワーキンググループが市民協働の基本的方向性について議論を重ね、今回の指針のもととなる提言書を策定し、市民協働フォーラム(平成19年2月)で発表している。
 
   ○提供年月日:平成20年2月19日
   ○所 属 名:企画部自治協働課
   ○TEL:0740-25-8526                            
   ○FAX:0740-25-8156
   ○e-mail:jichi@city.takashima.shiga.jp


関連ディレクトリ



よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る