定例記者会見 平成20(2008)年1月 2回目

登録日:2008年2月6日

日時:平成20年1月30日(水) 11:00~
場所:高島市役所2階 会議室


◆市長会見
 役所の内部としては、来年度予算をどう作るかということに注力しているところです。琵琶湖の境界が2月に国土地理院で確定され、来年度の交付税に反映されることになりました。そのうち半分は県域で出し合う費用となりますので、実質3,850万円が高島に残る予定です。交付税としてきますので、単に一般財源に組み込むと赤字補填のため消えてしまうのですが、この額面をしっかりと教育行政に反映させるという決意を持って、多様な地域の教育力を高める政策を整えていきます。
 税収格差の是正として、東京都をはじめ主要都市から集められた法人事業税約4,000億円が、地方再生対策費として、財政力の弱い自治体へ配分されることとなりました。県からの通知はまだないのですが、増収となる分については、地域をしっかりと支えていくための手立てに結び付けていきたいと思っています。 
 また、重要文化的景観に選ばれた海津・西浜・知内の三つの集落の存在価値をきちんと位置づけ、これを深く掘り下げられるように取り組んでいきたいと思っております。先日行われた県下のまちづくり活動を評価する#65378;湖国まるごとエコミュージアム第3回たたえあう交流会#12301;で安曇川町の沖田区の取り組みが大賞に選ばれました。そういうことも全体に伝えて学びあっていきたいと思っています。
 また、認知症サポーター養成講座を戦略的に全ての職員が受けるようにこれから進めていきます。年度内はまず退職する職員、それから認知症の家族を抱える職員を対象に研修会を行い、来年度全ての職員が研修を受けて、職員としても理解力を深められるように致します。これを2月からスタートします。

◆案件
・#65378;重要文化的景観選定記念・たかしま環の郷フォーラム2~水辺の暮らしに育まれた風景が人をデザインする~」の開催について
・若者定住促進プロジェクトについて
・職員研修(認知症サポーター養成講座)の実施について



よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る