定例記者会見 平成20(2008)年1月

登録日:2008年1月9日

日時:平成20年1月7日(月) 11:00~
場所:高島市役所2階 会議室


◆市長会見
 あけましておめでとうございます。
 高島市も合併から丸3年。振り返ってみますと、記者の皆さんに隠し事なく情報を提供するということに関しては、この3年で大分変わってきたと思います。記者の皆さんにとってはまだまだ行き届かないところが多いと感じられていると思いますが、このような姿勢が、後々、良い仕事につながるということを、職員も身をもって感じ取るようになったということでは、この3年で隠し事のない行政になってきたと思います。
 3年目は、今回の案件の1番目にも挙げてますように、高島市には、テレビやラジオ、CATVなどの市内に行きわたるメディアというものがございませんので、我々の裁量の中でできることとして、今頑張ってくれているインターネットテレビ「みてねっと」に、市のニュースを流すということを始めてくれます。すべてを網羅することは難しいですが、市民の皆さんにきちっと伝えるべきは伝えていくという行政のスタンスがそこにあらわれていくと思います。また、市民が疑問に持たれるようなことについては、市民に成り代わって記者の皆さんに追及をしていただければと思います。4年目は、もっともっと市民に近い高島市になって行きたいと思います。
 さて、この度の国会で、ふるさと納税が具体的に提案され、可決される見込みと承っております。高島市の寄付条例を有効に活かし、高島の自然や歴史を愛する方に、これらを守る人たちを応援していただく意味から、ふるさと納税に、ぜひご協力をいただきたいということで、少しフライング気味ではありますが、PRを始める準備を進めています。制度もできていないのに、制度ができたら頼みますということをやるわけですけれど、トレイル、重要文化的景観、継体天皇、藤樹先生など、たくさん来ていただいても地域に対する良い面での効果が少ないなという声もありますので、ふるさと納税を活かして、出身の方や応援団の方との新たな関係を、大いに広げていきたいと思っています。
 私にとりましても、市長にならせていただいて4年目ということで、一つのけじめとして、財政再建から希望が見えるような市政に向けていく責務があります。沈没は免れましたが、どういうところを目指して、みんなで力を合わせるのかということについて、もっと「見える化」をし、少しでも成果を上げ、市民の皆さんに「合併してよかったな」と言ってもらえる仕事を先ずしたいと思っておりますので、よろしくお願いします。


◆案件
・インターネットテレビ高島みてねっと!が変わります
・『高島志民』の方々へ ふるさと納税のお願い(PR活動)をスタートします
・明日の高島をデザインする市民フォーラム
・高島市 初の公売(インターネット公売)を行います
・ECC学園高等学校の設置認可について



よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る