定例記者会見 平成19(2007)年10月

登録日:2007年11月5日

日時:平成19年10月31日(水) 11:00~
場所:高島市役所2階 会議室

◆市長会見 
 高島市では、現在、今年度末に約40人の退職者があるということで、しっかりとした行政をしていくための組織の改変や支所のあり方、市民の皆さんと一緒に何をするかということの取りまとめをしています。
 11月の前半には、それを議会や市民の皆さんにお示しし、そして議論のキャッチボールを始めたいと思っています。合併時740人でスタートした体制から100人以上減るということになりますので、それを克服し、受け入れていくために、小さな政府で大きなサービスを維持するため、現在仕分け作業をしております。公務員でなければならないことと、公務員でなくてもよい仕事の分類をし、公務員でなくてもよい仕事の部分を民間委託したり、嘱託の人に担ってもらったりするなどして、人件費の削減にもつながる合併効果を出してゆきたいと考えています。そのために、まず市役所本体部分の改革を実行したいと思っております。
 酒波地区の犬の多頭飼育施設のことにつきましては、報道機関の皆さんに地元の住民の気持ちというものを、大切に受け止めていただきありがとうございました。まだ結論は出ておりませんが、両者がテーブルについて話し合いを持てるということで、一方的な行為を市民の力が止めたというのは高島市の自治にとってもひとつの大きな転機になろうかと思っています。
 これからもこの高島市という環境を生かした色々な政策に反映させていきたいと考えております。

◆案件
 ・琵琶湖・高島森林づくりパートナー協定の締結について
 ・高島市環の郷文化懇談会「高島環の郷フォーラム1~体験が人をデザインする~」の開催について
 ・平成19年度事業仕分け等作業の実施について



よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る