くらしの情報

国民年金【ご存知ですか? 制度と届出が必要な時】

登録日:2010年5月21日
健康福祉部 保険年金課

国 民 年 金  ~みんなでみんなを支えましょう!~

今や世界一の長寿国となった日本。
充実した生活、生きがいのある老後を過ごすためにはどうすればよいのでしょうか。
趣味を持ったり、友だちをつくったり…、
いろいろ考えられますが、一番大切なことは安定した老後をいかに送るかではないでしょうか。
そんな老後生活の柱となるのが国民年金。
国民年金は年をとったり、思わぬ病気やけがで障害者となったり、
一家の働き手を失ったりしたときなどに年金を支給して生活を保障する制度です。

老後の年金だけではありません!! きっちり納付して、万一の場合に備えましょう!!


【国民年金への加入】

☆強制加入☆

日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての人が加入しなければなりません。
ただし、サラリーマンやOL、公務員は、厚生年金、共済組合などに加入することで国民年金にも加入していることになります。


☆ 任意加入☆

(1)60歳以上65歳未満の方で老齢基礎年金を受給していない方(受給額を増やしたい方)

(2)60歳以上70歳未満で老齢基礎年金の受給資格を満たしていない方

(3)日本国籍の方で、海外に住所が変わった方

上記(1)~(3)のいずれかに該当する場合は、希望により任意で加入することができます。         (海外に住所を変更した場合は、任意加入しないと障害年金、遺族年金の対象となりません。)

 

☆付加年金☆

受給額を増やしたい第1号被保険者が任意に申し込む制度です。

定額保険料(平成22年度:15,100円/月)に加えて、付加保険料(400円/月)を納付します。老齢基礎年金受給時に、上乗せして支給されます。

 

支給時の計算方法…200円×付加保険料納付月数

例えば 付加保険料を10年納付すると…

《納付する金額》400円×10年(120月)=48,000円

《受給時に増額される付加年金額》200円×10年(120月)=24,000円(年間)

と、なります。

●納付月数に関係なく、2年間で納付額と受給額が同額になる大変お得な制度です。

【注】国民年金基金に加入中の方は、付加年金の申し込みはできません。

 

【被保険者の種別】

第1号被保険者 農林漁業・商業・サービス業などの自営業、自由業、無職、学生、
およびその配偶者
※該当した日から14日以内に市役所へ届出してください。
第2号被保険者

サラリーマンなど厚生年金、共済組合加入者
※自動的に加入(勤務先で手続きを行います。)

第3号被保険者

2号被保険者の配偶者
2号被保険者である配偶者の勤務先で、保険の扶養と同時に
手続きされます。

 ※学生も20歳から第1号被保険者です。20歳になったら必ず加入の手続きをしてください。

 

【こんなときには届け出を】 ( )内は手続きに必要なもの

★60歳未満の方★

・会社員や公務員でない人が20歳になったとき…(年金事務所から送付される書類にて手続き願います。)

・会社員や公務員でなくなったとき…(年金手帳・印鑑・離職日の確認できるもの)                  【注】配偶者を被扶養者としている場合は、配偶者の年金手帳もご持参ください。

・サラリーマン、公務員の夫(妻)の扶養からはずれたとき…(本人の年金手帳・印鑑・本人の離職日が確認できるもの・扶養からはずれた日が、特定できる書類)                      【注】第3号被保険者は、配偶者(厚生年金、共済組合加入者本人)が、65歳を超えた場合は、第3号被保険者でなくなりますので、必ず届けましょう。

・任意加入する(やめる)とき…(年金手帳・印鑑)                                                                          【注】任意加入は、申請日から加入することになります。

 

★国民年金を受給している方★

・住所や年金受取金融機関が変わるとき…(年金証書・預金通帳・印鑑・変更届ハガキ)


・亡くなった場合…(年金証書・届出者印・住民票・戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)など)           【注】受給者が亡くなった場合は、他にも書類が必要な場合がありますので、窓口でお問合せください。

《 届け出は、各支所窓口、市役所保険年金課または大津年金事務所 へ 》 

 

問い合わせ先

 大津年金事務所

  国民年金課(国民年金の資格・保険料に関すること) TEL077-521-1789

  お客様相談室(年金の受給に関すること)            TEL077-521-1184


関連ディレクトリ



お問合せ先:健康福祉部 保険年金課
TEL :0740-25-8137
FAX番号:0740-25-8102
MAIL :nenkin@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る