健康・福祉・教育

シリーズ「子どもを守る!」その4

登録日:2011年3月22日
子ども未来部 子ども家庭相談課

泣き叫ぶ 心の声に すくう手を

 ~「子ども虐待防止推進週間」標語募集結果~

 市では、7月1日(日)から7日(土)を「子ども虐待防止推進週間」と定めて、講演会や広報などの啓発活動を実施しました。そのひとつとして、「将来、子どもを育てる親となる中学生に、子ども虐待問題を考えてもらう」ことを目的に、市内の中学生から標語を募集し、全中学生の約2割となる341人から応募がありました。
作品は、子ども(自分自身)の立場から訴える言葉や、親(大人)の立場に立った言葉など様々。ここに一部を紹介します。

「泣き叫ぶ 心の声に 救う手を」(中1) 
「しつけです そんなしつけが ありますか」(中1) 
「きずいてよ 僕の心の さびしさに」(中2) 
「少しだけ 手をあげる前に 考えて」(中3) 
「言ってごらん 味方 助け ついてるよ」(中1) 
「思い出して 子どもを産んだ 感動を」(中2) 
「子どもはね 信じているよ 大人のことを・・・」(中2) 
「知らせよう あなたの一言 子どもを救う」(中2) 

*下記リンク先で全作品を紹介しています。

◆感じて、はじめて欲しい。
募集した標語は、今後、毎月の広報紙で紹介する等、様々な啓発活動で活用していきます。また、応募のあった標語を一覧にした展示用ポスター(A1判)も作成しました。地域や団体の催しなどに貸し出していますので、どうぞご活用ください。
作品から、子どもたちの純粋なメッセージが伝わってきます。どうか、子どもの声を聞くこと、地域に目を向けること、そして、おせっかいでも関わりを持つことを始めてください。


あなたの「もしや」が子どもを救う。勇気を出して通報してください。
通告先:子ども家庭相談課 電話(25)8517、市役所代表 電話(25)8000
または、市内各保健センター
または、滋賀県中央子ども家庭相談センター 電話 077(562)1121


関連ディレクトリ



お問合せ先:子ども未来部 子ども家庭相談課
TEL :0740-25-8517
FAX番号:0740-25-5490
MAIL :kodomo@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る