健康・福祉・教育

シリーズ「現場から」その3

登録日:2011年3月22日
子ども未来部 子ども家庭相談課

子育てって大変だけど、子どもって素晴らしい

 ~皆さんの近くに「保健師」がいます~

 お子さんの健やかな成長を育むための身近な相談役のひとりに保健師がいます。
 妊娠、出産、子どもの成長は親として大変喜ばしいと同時に、親自身の生活スタイルや健康面での変化、子育ての悩みからくるストレスはどなたにでもあると思います。少子化、核家族化が進む中、妊娠や子育ての悩みを相談し合うにも身近に相談相手がいない、年齢に応じた子どもの成長発達や子育ての方法がよくわからないという方も多いのではないでしょうか。
 市では保健センターを拠点に妊娠中や乳幼児期の親子の健康づくりをお手伝いするために、妊婦相談や教室、赤ちゃんの訪問、乳幼児健診、幼児歯科健診、離乳食教室、子育てママのクッキング教室などを行っています。
 乳幼児健診はおよそ生後4か月・7か月・10か月・1歳半・2歳半・3歳半の発達の節目の時期にあり、各時期の子どもの発育と子育てに必要な情報をお伝えしています。子どもが幼児期に入ると、自我の成長と共に食事や排泄などしつけのやりづらさを感じる事も多く、健診の場ではそういった日頃の悩みに応じた子育ての相談も行っています。  
 「子育てって大変だけど、子どもってすばらしい。」私たち保健師は、より多くの方が子どもの成長を楽しみながら子育てができるようにと願っています。子どもの健康や成長の事で悩んでいる時には思い切って相談してみてください。きっとお役に立てると思います。
(保健師)

※シリーズ「現場から」のご意見、ご感想をファクスまたは電子メールでお寄せください。


関連ディレクトリ



お問合せ先:子ども未来部 子ども家庭相談課
TEL :0740-25-8517
FAX番号:0740-25-5490
MAIL :kodomo@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る