健康・福祉・教育

シリーズ「現場から」その2

登録日:2011年3月22日
子ども未来部 子ども家庭相談課

子どもが起こす奇跡 ~家庭相談員をご存知ですか

 高島市役所「子ども家庭相談課」の中には、現在2人の家庭相談員がいます。
 家庭相談員は「何をしているの?」といえば、0歳から18歳までの子どもに関する相談をお聞きし、その問題の解決に向けたお手伝いをしています。
 最近、新聞紙上でよく目にするようになった子ども虐待やDV(ドメスティック・バイオレンス=配偶者やパートナーなど親しい関係の異性から向けられる暴力のこと)はもとより、子育ての悩みや子どもさんの障害のことなど様々な相談に応じています。
 皆さんは「相談したいなぁ」と思っても、敷居が高くて、なかなか相談するまでに勇気がいるものと思っていませんか?でも、そんな心配は無用です。子どもさんに関することで、ちょっと心配!という時、どうぞ気軽にお声をかけてください。
 ちょっとのお声かけが将来の健やかな思春期に結びつきます。そして、子どもの目が輝きだしてきます。子どもが本来持つ力を発揮した時、とてつもなく素晴らしい力となることを、私たち相談員は経験しています。関わりによって、子どもは奇跡を起こします。
 どうか、今すぐ相談してください。(家庭相談員)

※シリーズ「現場から」のご意見、ご感想をファクスまたは電子メールでお寄せください。


関連ディレクトリ



お問合せ先:子ども未来部 子ども家庭相談課
TEL :0740-25-8517
FAX番号:0740-25-5490
MAIL :kodomo@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る