定例記者会見 平成19(2007)年5月

登録日:2007年6月1日
政策部 秘書課

日時:平成19年5月31日(木) 11:00~
場所:高島市役所2階 会議室


◆市長会見
 明日から6月です。3年前の6月1日は、高島市の合併調印が行われた日です。そして、2年半前の17年1月1日から1つの組織になりました。合併前に想定もしていなかったこともたくさん起こっていますが、合併以前に想像していた以上に大変な部分を担ってくれたり、痛い部分を背負ってくれたりしている市役所の職員の頑張りにより動いていると改めて思います。
 昨日、東京のナレッジセンターで、行政改革に取り組む熱心な自治体3つのうちのひとつとして、事業仕分けに始まった一連の財政再建のモデルとして高島市を紹介していただく機会をいただきました。和歌山の市場化テストと愛知県高浜市のトヨタの生産方式を生かした行政改革と並んで、今年度のモデルとして紹介されました。事業仕分け、施設仕分けに続く仕事仕分けと言うような切り口も持ちながら、今年度もしっかりと着実に、市民の皆さんの理解を得られるような説明もしながら、努力をしていきたいと思います。
 先日は、ポリオのスポイトの誤りで、市民の皆さんには大変なご迷惑とご心配をおかけしたわけですが、チームとしては、高島市の保健師グループが、今回大変うれしい表彰を受けました。このあと、担当からご報告をさせていただきますが、紙面にスペースがありましたら明るい話題として報道していただけたらと思います。この広い高島市を、保健師が目立たないところで駆け回って頑張っているということを、我々もいろいろなチャンネルで市民にお知らせしたいと思います。
 また、環境保全条例については、既存法令で対応できない生活環境に影響する行為なども視野に入れた対応も織り込んだ条例案として今回議会に提案しますし、地域の共通メディアの無い高島市で、市内の基盤を活用したインターネットテレビを開設し、市民向けの広報や市民のページを作くっていくということが始まります。
 7月に向け、昨年、幼児虐待死事件という大変悲しいことがありましたので、それについての最終のツメも行っておりますが、ひとつひとつの起こりうることをきちっと行っていきたいというのが今年度の思いであります。
 5月25日に、待望の出産が高島病院でありました。3150gの男の子が生まれたということに、安堵し、喜んでいるところであります。
 これらの詳しい内容については、この後、各担当から報告させていただきます。よろしくお願いします。

◆案件 
 ・高島市保健師グループ 日本心臓財団小林太刀夫賞を授与される
 ・高島市未来へ誇れる環境保全条例案について
 ・里山ジャンボリー2007の開催について
 ・インターネットテレビ「高島みてねっと!」の開設について



お問合せ先:政策部 秘書課
TEL :0740-25-8000
FAX番号:0740-25-8101
MAIL :hisho@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る