定例記者会見 平成19(2007)年1月

登録日:2007年2月6日
政策部 秘書課

日時:平成19年1月31日(水) 11:00~
場所:高島市役所2階 会議室


◆市長会見

 今年は雪が本当に少なくて、市営スキー場の営業日数がゼロということで、逆に、ゴルフ場がその分儲かっているかといえば、そこまでは行っていないということであります。この自然環境の難しさということを感じているところであります。
 不安定な未来というものに対して、「環の郷」というテーマでの総合計画をパブリックコメントにかけており、これまでたいへん多くの反応をいただいております。パブリックコメントの内容を拝見しますと、市民の方々が新市計画に対しまして真剣に取り組んでいただいており、誹謗中傷というよりは、「こうしたらいいんじゃないか。」ということを書いていただいているので、大変うれしい思いをしています。
 少しずつ高島市のスタイルというのが見え始めたような気もする1月でしたので、2月は予算に向けての準備と、そしてまた、市民協働フォーラムなども新たな方法論で展開していきたいと思います。この前の防災サミットについても、大変おもしろい示唆に富んだ、気づきの多いものをしてくれましたので、大変喜んでいるところです。
 私たちは、虐待などの直接対応できる機関を県の支局としてこの高島市内に置いて欲しいということを、先日も新聞報道について県の真意を確認しつつ、もう一度申し入れをしてきました。県の施設の移管などの方向性があり、このままでは、市内に残る県の施設は、不定期開催の家畜市場だけになりかねません。滋賀県全域として、高島をどう考えてくれているのか、せめて、県民として、医療なり虐待なり基本的な部分は、県全体のバランスの中でもう少し考えてほしいということを、現在も高島から発しているところです。
 決しておねだりだけではない、一定均等な均衡ある滋賀県という中で暮らしていけるようにこれからも働いていきたいと思いますし、努力をしていきたいと思いますので、情報やご助言がありましたらお願いしたいと思います。



お問合せ先:政策部 秘書課
TEL :0740-25-8000
FAX番号:0740-25-8101
MAIL :hisho@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る