定例記者会見 平成18(2006)年11月

登録日:2006年12月4日

日時:平成18年11月29日(水) 11:00~
場所:高島市役所2階 会議室


◆市長会見
 間もなく高島市も合併後満2年を迎えます。これからはオール高島としての方針をつくり、そしてまた、外部に対しても高島の良さを発揮していくようなまちづくりをPRし、協力者を得て、農業環境をしっかり守っていくような政策に結びつけていきたいと思っています。
 来年の春から農地水環境政策が動いていくわけですが、高島のような田んぼが多い地域、いわゆる財政力が低いとも言い換えられますが、そういった地域ほど負担が多いという政策が国によって行なわれます。地方分権ということにまったく逆行する行為ではないかと思います。たとえば、滋賀県で農家の参画を得て進めてきた環境こだわり農業という制度を途中で止めてしまうような政策の動きがあります。そのことに対しては、甲賀市との連名で県に対して意見書を提出した経過もありますが、再度このことについて考えてもらうよう要望しています。
 さらにこの政策は、国の交付額に応じて、市町が工夫を凝らすというものではなく、同じ農地であっても用途により補助金額が異なるなど、我々の現場では困ったことになるので、大変苦悩しております。できれば少しでも、頑張っている農家を励まし、この地域が際立つよう、また、よりどころとなるよう、生物指標や環境的な配慮を補助金などの金銭的支援に結び付けられる制度をつくろうと今検討しているところです。何とか、この高島を守るためにこれからも努力したいと思います。


◆案件
 ・高島市議会12月定例会提出議案について
 ・12月補正予算(案)の概要について



よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る