くらしの情報

その他こんな相談があります

登録日:2016年5月10日
市民生活部 生活相談課

女性イラスト

≪ワンクリック詐欺≫
無料という言葉につられて不用意に、携帯電話やパソコンからアダルトサイトや出会い系サイトにアクセスし、クリックしただけで登録となり、料金を請求される商法です。利用規約が全くなかったり、あっても見づらいところにあるなど、契約自体が錯誤(勘違い)の上に成り立っていることも多く、その場合は契約の無効を主張することもできます。

≪架空請求はがき≫
公的機関の名前をかたり、「料金が未納で訴訟を起こす」「裁判を取り下げて欲しければ連絡をしろ」などという文言で脅して連絡をとらせようとします。ハガキで普通郵便(ポストに入っている)なら全く心当たりがなければ放っておくことが一番です。心当たりがあっても不審に思うようなら、ご相談ください。

≪インターネット詐欺≫
「インターネット上で契約し「代金を振り込んだのに商品が届かない」

「オークションで落札できなかった商品について落札者からオークション外取引を持ちかけられたが、代金だけ取られて連絡がつかない」

などの被害です。インターネットは匿名性が高いので一旦くもがくれされてしまうと被害の回復は困難です。信頼できる取引相手かをしっかり見極めましょう。

≪借金の問題≫
生活苦や気軽なキャッシングがきっかけで借り入れをするうちに金利が大きくふくれあがり、返済のための借り入れを繰り返す状況を多重債務といいます。返済のための借り入れは問題を先送りにしているばかりで被害を大きくすることになりかねません。法的整理なども考えることができますので、まずはご相談ください。

また、本人に危機感がなく家族から相談を受けることが多いのもこの問題の特徴といえます。本人が自分の問題と認識し、積極的に取り組む姿勢が見られないと根本的な解決は得られません。

また、自己破産経験者や多重債務者を狙って「超低利で即日融資」などとうたって、実際は高額なお金をだまし取るだけの、通称「貸します詐欺」や、自分達が消費者金融を紹介してあげるからと融資金の一部を振り込むよう要求する「紹介屋」、借入先を一本化してあげるといって手数料を要求する「整理屋」など、ヤミ金の報告もあります。このような手口にひっかからないよう十分な注意が必要です。

 


関連ディレクトリ



お問合せ先:市民生活部 生活相談課
TEL :0740-25-8125
FAX番号:0740-25-8103
MAIL :seikatsu@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る