観光・イベント

保福寺

登録日:2009年9月29日
教育委員会事務局 教育総務部 文化財課

保福寺釈迦如来坐像

  保福寺は、現在、曹洞宗(そうとうしゅう)に属していて、新旭町安井川(井ノ口)に所在します。

  このお寺の本尊(ほんぞん)は、釈迦如来(しゃかにょらい)坐像で明治34年3月27日に国宝に指定され、昭和25年8月29日に重要文化財になりました。平安時代につくられたと考えられています。

  この仏像は、もとは寺の西方にあったとされる大宝(法)寺の仏像といわれ、織田信長の焼き討ちの時に村人によってもちだされたと伝えられていて、「焼けのこりの釈迦」とも呼ばれています。

 

 

 


関連ディレクトリ



お問合せ先:教育委員会事務局 教育総務部 文化財課
TEL :0740-32-4467
FAX番号:0740-32-3568
MAIL :bunkazai@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る