観光・イベント

竹馬祭

登録日:2015年12月4日
教育委員会事務局 教育総務部 文化財課

竹馬祭

  竹馬祭(たけうままつり)は、5月3日に新旭町の今市地区、5月5日に辻沢地区で行われています。
高島市指定文化財に指定されています。

  今市の竹馬祭は、少彦名命(すくなひこなのみこと)を祭神(さいじん)とする佐々木神社(ささきじんじゃ)の例祭であり、辻沢の竹馬祭は、仁徳天皇(にんとくてんのう)を祭神とする若宮八幡社(わかみやはちまんしゃ)の例祭です。辻沢の若宮八幡社は定置されたお社はなく、神殿は高さ60cmほどで、子ども2人で楽々と持ち運ぶことができます。祭りの当日に「山橋」と呼ばれる清浄の地に移されます。

  この祭りは大荒比古神社(おおあらひこじんじゃ)の例祭である七川祭(しちかわまつり)のこども版ともいわれていて、子どもが馬のかわりに竹馬にまたがって流鏑馬(やぶさめ)などの神事を奉納(ほうのう)します。

  竹馬は20cmほどの桐(きり)の木で頭をつくり、これに黒く染めたたてがみをつけ、手綱をつけます。

今市の竹馬祭のいわれ

 一説には織田信長との戦いのときに清水山城から男が出たため、残ったおんな子供が竹馬に乗ってぐるぐる回ることによって、清水山城にまだ兵が残っていると見せかけ、敵を追い払ったのがはじまりともいわれています。

 


関連ディレクトリ



お問合せ先:教育委員会事務局 教育総務部 文化財課
TEL :0740-32-4467
FAX番号:0740-32-3568
MAIL :bunkazai@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る