定例記者会見 平成17(2005)年4月

登録日:2006年1月26日
政策部 秘書課

【4月】
日時:平成17年4月28日(木)13:30~
場所:高島市役所2F 第1会議室

◆市長会見
 2回(4月20日、27日)に分けて開催した196地区の区長・自治会長による会議も昨日終了しまして、事務の協力関係の整理などが一定できた状況です。
 そして、4月14日に発表されました琵琶湖西岸断層の対策については、内部で検討を進めており、方向性としましては専任で当たる対応をしっかりしたいということで、人事も含めて、防災対策の強化ということについて出来るだけ前倒しで具体的な対策を進めていきたいと考えています。
 これからの季節は丁度、集落でのお祭りとかコミュニティーの事業が盛んに行われますが、そういう場も防災力を培っていく非常に大事な場所になりますので、そういうことも含めて区長・自治会長会議でお願いをしたところです。
 あと、事務的には今後改めて発表の機会を持つことになりますが、イントラネットについて、高島市がほぼ採択されたという内定のニュースが来ておりますのと、「地域再生マネージャー派遣事業」というものについて、現在手を挙げておりまして、先日、2度目のヒアリングが終わったところです。今後、こういったものを取り入れながら進めていきたいと思っております。
 以上です。

◆質疑応答(記者より)
Q:防災の専任者を置くのか?
A:現在、防災だけを業務とするのではなく総務部総務課という形で防災を担当しております。それを(課の)名前も市民に分かりやすいように考えて、防災を具体的にテーマとして対応する組織機構に変更したいと考えております。
Q:時期はいつごろになるのか?
A:早ければ6月1日(に設置したいと考えている)。議会との相談にもよるが、遅くとも7月1日には設置予定。
Q:5月中に議会と相談するのか?(臨時議会を開催するのか?)
A:(この問題は)「部」単位での変更でなく「課」単位での変更ですので、事務的には内部で変更できる範囲に入るので、5月中に相談する予定です。
(課単位以下の変更については「高島市行政組織規則」による。規則の変更については、 議会の承認を要しない。条例の場合は承認を要する。)
Q:課名はどうなるのか?
A:防災課もしくは室と言う形で設置するのか、あるいはもう少し積極性を持たせた形にするのか現在検討しています。
Q:何人程度配置する予定をしているのか?
A:多くて3人配置したい。現在、防災の業務は総務部総務課で担当しているが、どうしても幅広い業務の中のひとつとなっている(2人が兼務)ので、防災に特化して進めていけるような体制を早急に作ることが大事だと考えています。
Q:(具体的に)どういった業務内容を担当するのか?
A:現在、(旧6町村ごとのものがあるのみで)市として一本化した防災計画がないので、早急に着手しなければならない。また、地域の自主防災組織というものを、それぞれの集落にお願いしていくことになっているが、このことについてきちんとネットワークする業務もあります。また出来ればもう少し踏み込んで、集落ごとの宅内被害を減らしていくような、例えば家具の補訂といったことなどを具体的に進めていって頂けるような取り組みも考えていきたい。
 
◆関係各課より
 1.高島市合併記念式典について 【総務課】
 2.災害時物資調達協定について 【総務課】
 3.広聴事業の開始について   【秘書広報課】
  ~「ようこそ♪市長室へ」「おでかけまちづくり懇談会」~



お問合せ先:政策部 秘書課
TEL :0740-25-8000
FAX番号:0740-25-8101
MAIL :hisho@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る