観光・イベント

鴨稲荷山古墳(かもいなりやま こふん)

登録日:2020年6月29日
教育委員会事務局 教育総務部 文化財課

 

鴨稲荷山古墳(かもいなりやま こふん)

鴨稲荷山古墳(かもいなりやま こふん)
場 所 JR安曇川駅から徒歩約20分、タクシー利用の場合は約5分

 JR安曇川駅から南へ約2kmの天皇橋の南にある鴨稲荷山古墳は、湖西地方では平野部に立地する唯一の前方後円墳です。現在、前方部の墳丘はありませんが、周辺の地形などから全長45mほどであったと考えられます。

 

 明治35(1902)年に発見され、巨大な家形石棺や朝鮮半島(伽耶国)の影響を受けた純金製の耳飾りなどの副葬品が出土したことから、半島との交流が盛んだったことを裏付けています。古墳時代後期の三尾(みお)族長の墓といわれています。

 

 


◆問い合わせ先 高島歴史民俗資料館
           TEL 0740-36-1553

 


関連ディレクトリ



お問合せ先:教育委員会事務局 教育総務部 文化財課
TEL :0740-25-8559
FAX番号:0740-25-8145
MAIL :bunkazai@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る