観光・イベント

藤樹書院(とうじゅしょいん)

登録日:2015年12月4日
教育委員会事務局 教育総務部 文化財課

藤樹書院(とうじゅしょいん)
場 所 高島市安曇川町上小川211番地

◆交通 JR湖西線「安曇川駅」下車
      コミュニティバス(江若交通)船木線
      「藤樹記念館前」下車 徒歩すぐ

 中江藤樹が門弟や村の人達と勉学に励んだ教室は、茅葺き入母屋造りの書院で、慶安元年に彼がこの世を去る少し前に完成しました。明治13年の小川村大火で焼けましたが、遺品などは残り、明治15年に再建。大正11年には、国の史跡に指定されました。藤樹の命日9月25日には、儒式の祭典が今も昔と変わらず厳粛に行われています。

 

◆藤樹書院の年間行事

 「講書始め(鏡開き)」(1月11日)
 藤樹先生の存命中からこの日に行われてきた行事。先生は「愛敬」の2字を揚げて門弟と供に「孝経」を読みました。それをしのんで参詣者一同が拝誦します。
 button



 「立志祭」(3月7日)
 藤樹先生の誕生日。11歳のとき「聖人学んで至るべし」と志を立てたことに因んで小学3年生が将来の夢を作文に託して参詣し、それを成人式に受け取ります。
 button

 
 「常省祭」(7月23日)
 中江家を継いだ三男弥三郎の命日。はじめ岡山藩に仕えて学校奉行を勤め、対馬藩でも学校奉行となって常省先生と慕われました。この日にも参詣者一同が「孝経」を拝誦します。


 「儒式祭典」(9月25日)
 藤樹先生が亡くなったのは旧暦の8月25日。ひと月遅れの命日に儒式にのっとって厳かに執り行われます。

 button


 


関連ディレクトリ



お問合せ先:教育委員会事務局 教育総務部 文化財課
TEL :0740-32-4467
FAX番号:0740-32-3568
MAIL :bunkazai@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る