患者さまへ 外来診療のご案内 診療科・部門紹介 入院のご案内 健診センター かかりつけ医を持ちましょう 包括医療費支払い制度(DPC) 医療安全への取り組み 地域医療支援病院 在宅療養後方支援病院 セカンドオピニオン外来 小児レスパイト入院について 患者満足度調査 宗教上の理由による輸血拒否
への対応について
意思表示について
診療部 
   循環器内科
   消化器内科
   腎臓内科
   呼吸器内科
   糖尿病・内分泌内科
   血液内科
   脳神経内科
   総合診療科(院内標榜)
   小児科
   精神科・神経科
   消化器外科
   整形外科
   脳神経外科
   泌尿器科
   乳腺外科
   産婦人科
   耳鼻いんこう科
   皮膚科
   眼科
   歯科・歯科口腔外科
   放射線科
   麻酔科

特殊外来
   血管外来
   ペースメーカー外来
   緩和ケア外来
   コンタクト外来
   小児心臓外来
   小児神経外来
   小児アレルギー外来
   歯周ヘルスケア外来
   乳児外来
   補聴器外来
   禁煙外来

看護部
   看護部

薬剤部
   薬剤部

診療技術部・センター
   臨床検査部
   臨床工学部
   画像診断センター
   リハビリテーションセンター
   栄養管理センター
   血液浄化センター
   外来化学療法センター
   手術センター
   内視鏡センター
   救急センター

医療安全部
   医療安全推進室

地域医療支援部
   地域医療支援部

健診センター
   健診センター

各教室
   糖尿病教室
   母親学級
   助産師外来
整形外科

副院長・科長  岡本 剛 日本整形外科学会 専門医
日本整形外科学会 リウマチ医
医長  宮原 拓真
  
医師  森山 広太郎


  整形外科で扱う疾患は骨、筋肉、靭帯、神経など運動器の変性によるものと外傷によるものが主で
す。変性によるものは治療による効果がその人の年齢に応じた生活様式に見合うものであるかを本人や
ご家族と相談しながら治療方針を決定します。外傷によるものは解剖学的に元と同じような構造に出
来るだけ低侵襲でなるようにしています。したがって高齢だからといって諦めることもなく全ての人に同じ治
療が受けられるように心掛けています。最先端の治療も京都大学などに協力していただきながら患者様
の立場にたったレベルの治療を行っています。治療の説明はできる限り外来で行い治療を理解していた
だいた上で入院の上加療を行っております。とは申しましても入院の患者さまで病状に関して質問がある
際にはいつでも気軽に申し出て下さい。わかりやすい言葉で納得していただけるように心掛けております。

 外来は基本的に2診で行っており、完全予約制を取り入れ待ち時間をなくすように努めています。投
薬のみや慢性疾患で安定した病状の患者さまは原則としてお住まいの近くの開業医に逆紹介させてい
ただいています。
 毎日の整形外科内での術前術後カンファレンス、週1回の看護師などとチームカンファレンス、週1回
のリハビリスタッフとのリハビリカンファレンスを行っています。
 手術は毎日できる体制をとっており、緊急手術にも対応しています。


 変形性関節症(主に股関節、膝関節)は痛みの原因は負荷の増加と関節軟骨の消耗と考え、生
活様式の改善や運動療法、投薬、装具、関節内ヒアルロン酸注射で保存的に経過をみていますが、
生活レベルが低下するような痛みの場合は年齢を考えて主に人工関節置換術を勧めています。
 人工関節置換術はクリーンルームと呼ばれる手術室の中でも清潔度の高い手術室で行うことを原則
として、可能な範囲での最新の治療方法、手術療法を取り入れて、早期に痛みが改善し歩行可能も
安定して発揮できるように行っております。また、半月板や十字靭帯損傷による膝の痛みには関節鏡視
下手術を積極的に行っています。



 腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などの脊椎疾患は第一選択として保存療法(薬物療法
やリハビリテーション)をを行い、改善しない場合は検査を進めながら、神経根ブロックなどを併用して保
存的に経過をみていきます。それでも改善しない場合は患者様の社会的背景を考慮して手術を勧めて
います。手術は全身麻酔、顕微鏡下で行うのを基本としており、最小侵襲に努めて早期社会復帰をめ
ざしています。脊椎に不安定性が見られる場合は脊椎外科専門医を招いて脊椎固定術(最少侵襲
脊椎固定法でのインストゥルメンテーション併用)も行っています。



 高齢者によくみられる骨粗鬆症による脊椎圧迫骨折、大腿骨近位部骨折、橈骨遠位端骨折は、で
きる限り骨折前の生活状態を目標に治療を進めていきます。
 大腿骨近位部骨折(大腿骨転子部骨折、大腿骨頸部骨折)に対しては年齢に関係なく全身状
態を考慮しながらできるだけ早期(受傷当日に行うこともあります)に手術を行いリハビリも積極的に行
っています。
 大腿骨近位部骨折に関しては、術後のリハビリテーションを積極的に行うため、地域連携パスを作成
し、当院で急性期の治療の後、引き続き慢性期のリハビリテーションを在宅復帰を目的として、今津病
院に回復期リハビリ病棟に転院の上行っております。
 脊椎圧迫骨折は安静およびコルセット固定を行い、早期でリハビリで運動していただいています。骨粗
鬆症の治療も積極的に行っており、骨塩定量の検査や血液検査で経過を見ながら投薬を行っていま
す。



 橈骨遠位端骨折は転位の少ない骨折の場合(ずれのない場合)は保存的治療を原則として行っ
ております。転位の生じている骨折に対しても、早期に手術療法を行うことで、良好な手術成績を得て
おります。



 救急外傷は季節による変動はありますが、毎日対処できるような体制をとっています。多発外傷では
外科、脳神経外科などと協力し合いながら治療を進めていきます。開放骨折などの場合には麻酔科、
手術室の協力もあり緊急手術が行える体制になっています。

 そのほかには腱鞘炎(ばね指)、陥入爪、外反母趾の手術、褥瘡の筋皮弁、四肢の軟部腫瘍の摘出
なども整形外科で行っています。



  当院では、運動器の病気で入院・通院されていた患者さんの診療情報を用いた研究を実施してお
ります。この研究を実施することによる患者さんへの新たな負担は一切ありません。
  また、患者さまのプライバシー保護については法令等を遵守して研究を行います。あなたの試料・情
報について、本研究への利用を望まれない場合には、担当医師にご連絡ください。




  当院では、日本整形外科学会主導の運動器の疾患で手術を行った患者さまの診療情報を用いた
研究を実施しております。
  診療データの利用を望まない場合は、当院の実施診療科までお知らせください。検査結果や診療
情報は統計として処理・解析されるため、個人を特定できることはありません。臨床研究で使用する情
報は厳重に管理され、研究目的のみで利用されます。


高島市民病院改革プラン個人情報の保護リンク集サイトマップ

〒520-1121 滋賀県高島市勝野1667 TEL 0740−36−0220(代)
  

Copyright(C)  Takashima Municipal Hospital. All rights reserved