患者さまへ 外来診療のご案内 診療科・部門紹介 入院のご案内 健診センター かかりつけ医を持ちましょう 包括医療費支払い制度(DPC) 医療安全への取り組み 地域医療支援病院 在宅療養後方支援病院 セカンドオピニオン外来 小児レスパイト入院について 患者満足度調査 宗教上の理由による輸血拒否
への対応について
意思表示について
診療部 
   内科
   透析科(血液浄化センター)
   総合診療科(院内標榜)
   循環器科
   精神科・神経科
   小児科
   外科
   整形外科
   脳神経外科
   皮膚科
   泌尿器科
   産婦人科
   眼科
   耳鼻いんこう科
   歯科・歯科口腔外科
   放射線科
   リハビリテーション科
   心臓血管外科
   麻酔科
   手術センター

専門外来
   外来化学療法室

医療技術部
   薬剤センター
   画像診断センター
   臨床検査センター
   MEセンター
   栄養管理センター

看護部
   看護部

医療安全部
   医療安全推進室

地域医療支援部
   地域医療支援部

健診センター
   健診センター

各教室
   糖尿病教室
   母親学級
   助産師外来
外科

日本外科学会 専門医制度修練施設(指定施設)
日本消化器外科学会 専門医制度修練施設(認定施設)


副院長: 武田 佳久 医学博士
(科  長) 日本外科学会 指導医、専門医
日本消化器外科学会 指導医、専門医
日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
    臨床研修指導医
部  長: 渡邉 武志 医学博士
日本外科学会 指導医、専門医
日本消化器外科学会 専門医
日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
   
医  長: 橋 有和 日本外科学会 専門医
   
医  長: 倉田 佳彦 日本外科学会 専門医
日本プライマリケア連合学会認定指導医
    日本感染症学会 インフェクションコントロールドクター
    日本医師会 産業医
  
中村 有輝 日本外科学会 専門医
(乳腺外来 非常勤医師) 検診マンモグラフィー読影認定医


食道癌
 食道癌の手術は、平成24年度より当院でも開始しております。
 治療は食道癌治療ガイドラインに則して行っております。
 手術の対象となる症例に関しては、StageTの場合には、手術を先行して、StageU、Vの場合には、抗がん剤を用いた化学療法を先行してから根治手術をおこなっております。
 手術の対象とならない食道粘膜内にとどまった内視鏡的粘膜切除可能な症例では内視鏡的切除を、心臓や大血管に浸潤しているか、肺や肝臓などへの遠隔移転がある症例に関しては化学放射線療法を行います。


胃癌
 胃癌に対しては、日本胃癌学会から公開された「胃癌治療ガイドライン」に基づく治療を行い、予後(手術成績)の向上を目指しています。また、低侵襲・早期社会復帰を目的に腹腔鏡下胃切除を積極的に行い、安全で患者様に優しい手術を心がけています。具体的には、早期の胃癌に対して、消化器内科と連携し胃カメラでの治療(ESD)や内視鏡外科での腹腔鏡下手術を第一選択としています。腹腔鏡下手術では、機能温存の胃切除手術から胃全摘まで行っています。進行した胃癌に対しては、手術治療と術前や術後に抗がん剤を組み合わせた治療を行っています。進行した胃癌に対しても患者様のご希望があれば腹腔鏡手術を行っています。
 術後の経過観察や食事指導など退院後もサポートさせていただきます。


結腸・直腸癌
 原則として大腸癌治療ガイドラインに準拠した治療を行っています。内視鏡治療から手術また化学療法を用いた集学的治療まで、状態に応じた治療方法を提示し、患者様と一緒になって治療方針を決定しています。
 当院では内視鏡切除困難な早期癌だけでなく、進行癌に対しても積極的に腹腔鏡手術を行っています。腹腔鏡手術は開腹手術とくらべて創が小さく術後の痛みが少ないなどの利点があり、早期回復、退院が可能です。また肛門に近い下部直腸癌に対しては、可能な限り人工肛門造設を避け、肛門機能温存に努めています。
 転移や再発を伴った大腸癌でも切除可能であれば、積極的に外科的切除を行っていますが、切除困難な場合は抗がん治療を行います。当院では外科化学療法室を設置しており、外来通院で抗がん剤治療を行うことができます。医師、薬剤師、看護師が副作用をはじめとした抗がん剤治療に関わり、安心して治療が受けられるように努めています。


肝癌
 肝細胞癌に関しては、亜区域切除、区域切除から右3区域切除まで種々の肝切除術式を経験しています。
 大腸癌の転移性肝癌においては積極的に肝切除を行う方針です。その他の癌による肝転移でも単発のものや少ない転移個数であれば切除を考慮しています。また手術の適応とならない肝転移に対しては化学療法を積極的に行い、可能となれば切除の検討をしております。


膵・胆嚢胆道癌
 高度進行膵癌・胆道癌が多いものの、膵臓癌では、膵頭十二指腸切除、膵体尾部切除、胆嚢、胆管癌では肝切除、胆管切除あるいは膵頭十二指腸切除を併施して、可能な限り切除を行う方針です。


乳癌
 京都大学乳腺外科の乳腺専門医による診察および手術を行っております。
 診察、検査は触診、マンモグラフィー、乳房超音波検査、乳房MRIを用いて行い、必要があれば針生検や日帰り手術で腫瘤切除を行っております。
 不幸にして乳癌であった場合には、当院または患者様の希望により京都大学にて乳癌手術を行っております。
 術式に関しては、可能な限り乳房温存術を行うようにしておりますが、進展が著明な場合には乳房切除術を行っております。術翌日より積極的にリハビリを行い、患側の上肢が術前と同じくらいの機能が保てるように努めております。

 術後補助療法の必要のある方や進行再発癌の方に対しては、ホルモン療法や化学療法(分子標的薬を含む)を基本的に外来にて行っております。


胆石症・胆嚢炎
 内科との協力により、総胆管結石に対しては内視鏡的採石術、胆嚢結石に対しては原則として腹腔鏡下胆嚢摘出術を標準術式としています。強度の胆嚢炎を合併している症例に対しても可能な限り腹腔鏡にて行っております。


鼡径・大腿ヘルニア
 成人例においては、腰椎麻酔または局所麻酔科にメッシュを用いたテンション・フリー術式を標準術式としています。現在では、腹腔鏡下ヘルニア修復術を約半数に行っております。


痔核・痔瘻・直腸脱
 内痔核に対しては可及的に保存的治療を心掛けており、その経過はほぼ良好です。
 痔瘻に関しては積極的に切除を行い、肛門機能をできるだけ温存し、かつ再発の少ない手術を行っております。
 直腸脱については、高齢者の症例が大部分であり手術侵襲を考慮し、Gant−三輪変法を行っています。




  平成23年5月1日より、一般社団法人National Clinical Database(NCD)による、日本全国の外科系施設における外科症例のデータベース事業へ参加しています。
 本事業の詳しい内容はNCDのホームページをご覧ください。
(PDF) NCD患者さん向け資料

 NCDのホームページはこちらからアクセスしてください。



高島市民病院改革プラン個人情報の保護リンク集サイトマップ

〒520-1121 滋賀県高島市勝野1667 TEL 0740−36−0220(代)

Copyright(C)  Takashima Municipal Hospital. All rights reserved