平成29年度 高島市民病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 317 60 67 113 119 183 443 673 941 423
 平成29年度に退院された患者さまを年齢階層別に集計したものです。0歳~107歳までの幅広い方が入院されました。当院が位置する湖西医療圏は県内でも高齢化率が高く、患者さまの約6割が70歳以上となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 119 25.57 17.71 4.2 84.43
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 87 30.6 20.83 6.9 85.38
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 78 3.06 3.03 5.13 69.1
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 62 22 12.34 4.84 80.71
100380xxxxxxxx 体液量減少症 55 20.2 9.16 5.45 74.71
 心不全と誤嚥性肺炎で入院された患者さまは地域包括ケア病棟へ転棟し、リハビリを継続して入院前のADLに近づけてから退院する方もいらっしゃるので平均在院日数が全国平均より長くなっております。何名かは回復期リハビリテーション病院へ転棟しリハビリを継続されます。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 59 6.44 5.94 0 1.78
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 44 7.85 6.18 6.81 0
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 39 4.46 5.5 0 4.56
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 36 6.2 5.7 2.86 3.94
030270xxxxxxxx 上気道炎 28 5.11 4.84 0 3.79
当院には湖西地域唯一の産婦人科があるため、小児科では帝王切開児や低出生体重児、呼吸器障害のある新生児などの入院が多く、新生児の病状を的確に把握して適切な治療を行うように努めています。また、小児科では各種細菌やマイコプラズマなどによる肺炎、急性気管支炎などの入院も多いです。RSウイルスによる肺炎や細気管支炎の症例も多く、特に乳児では呼吸状態が急激に悪化する可能性があるため、慎重な経過観察・治療を行っています。細菌性腸炎やウイルス性腸炎などの消化器感染症の症例には、適切な輸液療法を含む治療を行うように心がけています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 17 5.06 6.64 0 60.71
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 16 17.63 15.61 0 74.56
060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 16 9.69 9.88 0 49.81
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 13 3.92 5.56 0 34.15
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 14.55 7.4 0 73.91
 外科で多い疾患は虫垂炎、次いで胆のう、胆石症、大腸癌の順です。術式や化学療法が異なるとDPC14桁が細分されるため上記のような結果となっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 81 39.56 27.09 49.38 83.32
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 31 2.97 5.21 0 59.84
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 23 21.3 19.94 13.04 75.48
070160xx01xxxx 上肢末梢神経麻痺 手根管開放手術等 13 3.54 5.51 0 70.15
160850xx97xx0x 足関節・足部の骨折、脱臼 その他の手術あり 副傷病なし 13 13.08 9.49 0 54.46
 湖西地域では高齢化率が高いため転倒による外傷の手術目的で入院される患者さまが多いです。術後の状態が安定すれば早期にリハビリを開始しADL向上に努めています。半数の方は回復期リハビリテーション病院へ転院されます。他にも関節症や四肢、脊椎、骨盤の骨折など様々な外傷や疾病の治療を行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 10.92 9.68 8.33 80.83
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 4.64 7.34 0 67.09
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 19.1 - -
010040x199x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 21.36 - -
010010xx9905xx 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-5あり - - 15.47 - -
 転倒や外傷による頭蓋内損傷が上位となっています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050170xx99001x 閉塞性動脈疾患 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病あり - - 18.24 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
 閉塞性動脈硬化症に対して輸液、リハビリテーション等の保存的治療を行います。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 24 10.08 9.67 0 31.92
120140xxxxxxxx 流産 13 1.23 2.43 0 32.23
120165xx99xxxx 妊娠合併症等 手術なし - - 12.02 - -
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし - - 20.41 - -
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 - - 9.91 - -
 地域の産科・婦人科の患者さまが来院されます。自然分娩はもちろん帝王切開、流産、子宮筋腫、子宮頸部異形成など幅広い産科婦人科疾患の治療を行っております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 6 1 6 5 9 8 1 7
大腸癌 13 7 22 13 14 8 1 7
乳癌 1 1 0 4 0 3 1 7
肺癌 0 0 2 8 2 1 1 7
肝癌 1 1 0 1 0 1 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では5大癌の入院患者さまのうち大腸癌が8割、胃癌が6割です。内視鏡的治療や腹腔鏡下手術、化学療法を組み合わせ患者さまにとって最適な治療を実施しています。進行した症例については医師・化学療法認定看護師・薬剤師・がん性疼痛看護認定看護師を中心とした緩和ケアチームが治療に関わり、入院生活がより快適にお過ごしいただけるよう対策を行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 13 8.46 53.92
中等症 100 18.84 83.04
重症 30 26.7 87.5
超重症 21 22.76 82.33
不明 - - -
 当院の入院患者さまの中で最も多い疾患です。重症であるほど在院日数は長期化する傾向にあります。高齢の方ほど比較的重症化しやすい傾向です。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 94 31.82 80.79 25.49
その他 8 27.38 79.63 1.96
 ほとんどの患者さまが発症3日以内に入院・治療開始されます。点滴による治療とリハビリテーションを行い自宅や施設に退院されます。患者さまの4割は回復期リハビリテーション病院へ転院し、リハビリを継続されます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸粘膜切除術(2cm未満) 112 1.13 1.07 0 69.96
K654 内視鏡的消化管止血術(胃) 37 2.46 17.14 10.81 78.32
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 28 2.29 2.86 0 73.75
K6871 内視鏡的乳頭括約筋切開術(切開のみ) 27 1.48 12.07 3.7 78.85
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 15 0 1.33 0 72.07
 大腸ポリープおよび早期大腸癌の手術が1位となっております。健康診断等で大腸内視鏡にてポリープが見つかった方が入院され、2泊3日の短期入院で自宅や施設に退院されます。当院の循環器内科は湖西地域の循環器内科の中枢的役割を担っており、緊急患者さまに経皮的カテーテルを用いた検査・経皮的冠動脈ステント留置術など多職種が連携して随時対応しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 37 0.68 6.7 0 66.59
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 27 0.93 2.89 0 68.07
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 20 0.8 3.65 0 74
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 16 2.38 14.06 0 75.56
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 15 0.53 12 0 48.87
 術後回復が早い腹腔鏡を用いた手術を病態に合わせて行っています。大腸、胆のうの手術は9割以上、鼠径ヘルニア、胃の手術では約5割が腹腔鏡で実施されています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 58 3.6 33.67 44.83 84.81
K0483 骨内異物(挿入物)除去術(下腿) 35 0.71 5.89 0 63.17
K0811 人工骨頭挿入術(股) 30 3.97 33 43.33 82.17
K0462 骨折観血的手術(前腕) 24 1.75 7.79 0 61.58
K0463 骨折観血的手術(足) 20 2.2 24 0 65.05
 地域の高齢化率が高いため転倒による骨折で入院される方が多く、特に大腿骨や腕の骨折に対する観血的手術を行っております。約4割の方は回復期リハビリテーション病院へ転院してリハビリを継続されます。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 15 0.8 10.13 6.67 81.07
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭)(硬膜下) - - - - -
K174-2 髄液シャント抜去術 - - - - -
K1771 脳動脈瘤頚部クリッピング(1箇所) - - - - -
 脳血管障害・外傷など湖西地域の中核病院として幅広い範囲の疾患の治療にあたっています。シャント手術はもちろん、動脈瘤に対するクリッピング術やコイル塞栓術も以前から積極的に実施しております。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 15 3.53 7.73 0 31.47
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 14 3.43 6.86 7.14 33.21
K867 子宮頸部(腟部)切除術 - - - - -
K9091 流産手術(妊娠11週まで) - - - - -
K877 子宮全摘術 - - - - -
 産科・婦人科疾患の手術を行っております。近年では里帰り分娩も増加しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 3 0.09
異なる 18 0.54
180010 敗血症 同一 9 0.27
異なる 13 0.39
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる 1 0.03
180040 手術・処置等の合併症 同一 21 0.63
異なる 2 0.06
 播種性血管内凝固と敗血症で入院された患者さまのうち、約6割は救急車で来院されています。重症化しやすい病態なので慎重に治療を行います。
 手術・処置等の合併症の内訳は透析シャント機能低下、人工股関節のゆるみ、人工股関節脱臼でした。どのような病態でも一定の割合で術後合併症が生じ医療ミスとは異なるものです。
更新履歴
2018年9月28日