病院について ご挨拶 概 要 理念と方針 個人情報保護方針 フロアマップ アクセス 地域がん診療病院 病院指標 施設基準 経営比較分析表の公表 医療安全管理指針

ご挨拶






                      
                    
                    病院事業管理者  山博史

 高島・湖西地域は滋賀県内で最も広大な地域であります。琵琶湖北湖と水辺景観の美しさは際立
っており、比良山地、野坂山地の森林の豊かな自然にも恵まれ四季の移ろいも鮮やかです。この地域
を愛し、居を構える人々を守り続けるために医療が果たすべき責任の大きさは比べようもありません。
 その責任を果たすべく遡ることおよそ60年の歳月をかけて当院は発展、
拡大しながら、平成24年4月に新たに竣工した病床数210床の高島市民病院が誕生しました。旧病
院の公立高島総合病院時代の平成23年4月からは、経営形態を公営企業法の全部適応とし、病
院事業管理者を院長が兼任していましたが、健全で持続可能な病院運営、激変する人口動態や不
足しがちな医療資源に対処していくためにも、平成30年4月からは病院事業管理者職と院長職を分
離した体制で臨むことになりました。これにより病院事業管理者は病院内だけに留まらず、院外を含めた
地域全体の医療に視点をおいて職務を遂行できるのではないかと思います。当地の急速な少子高齢
化、人口減少という困難な状況においても、安らかに老いを迎えることができ、一方で新たな命を育むこ
とのできる医療環境を守っていかなければなりません。同様な課題を抱えた地域は数ありますが学ぶべ
き先例はないのが実状です。限られた医療資源の中でも高島市民病院を安心、安全で質の高い求め
られる医療を提供する持続可能な病院にするだけでなく、地域の全ての医療施設と密接に連携し一体
化した医療サービスを構築していかなければなりません。そのためには同時に地域住民の理解、協力も
必要と考えております。
 このような理念の元に医療を守り、地域の保全に努めて参りたいと思いますのでよろしくお願いいたしま
す。











                           病院長  武田 佳久
 令和4年4月1日付けで病院長の職を拝命いたしました。
 当院は湖西医療圏の中核病院であります。様々な医療の中でも特に当院の主な使命として、がん
治療、救急医療、感染症治療、周産期医療、予防医療、災害医療について湖西医療圏の中心的
な役割を果たすことと考えます。
 がん治療では滋賀県地域がん診療病院として手術、化学療法、緩和ケアといったがんの集学的治療
に取り組んでおり、救急医療では救急センターにて内科系医師、外科系医師、救急専門医が24時間
救急患者を受け入れております。また新型コロナウイルス、インフルエンザといった市中感染症はもとより、
結核などの伝染性感染症、肺炎、尿路感染、胃腸炎など小児も含めた様々な感染症治療に対応し
ております。周産期医療に関しては24時間分娩可能な体制を整えております。予防医療としては、検
診センターにて市町村や職場の集団検診のみならず予防接種なども行なっております。最後に災害医
療について申し上げますと湖西地方は地上でのその美しい景観とは正反対に、地下では琵琶湖西岸
断層帯や花折断層帯が走っていると言われており、国内のたくさんの地域と同じように地震災害の発生
する可能性があります。そのため当院では災害派遣医療チームを中心に定期的に研修、訓練を行って
大規模災害に備えております。
 すべての医療はたゆまなく進歩、変革を続けております。一方では人手人材の不足、医療安全、働き
方、労働環境、接遇などといった問題も枚挙に暇がありません。こういった状況の中でも当医療圏の中
核病院としての役割を果たすべく、様々な問題に真正面から向き合い、研鑽を積んで当院で行うべき
医療の発展に寄与していきたいと考えております。


高島市民病院改革プラン個人情報の保護リンク集サイトマップ

〒520-1121 滋賀県高島市勝野1667 TEL 0740−36−0220(代)

Copyright(C)  Takashima Municipal Hospital. All rights reserved