説明: 農の匠が命をこめる たかしま生きもの田んぼ米

説明: 湖国より 生きもの田んぼの四季

春・夏・秋・冬 生きもの田んぼは四季折々の豊かな表情を見せまてくれます。たかしまの田んぼと生きものをめぐる四季の様子をご紹介します。

生きものの胎動と田んぼづくりの春

田植えに向けた準備が始まると、冬の間休んでいた生きものたちも一斉に動き出します。少し汗ばむくらいの陽気の中、安全と美味しさを求めた米づくりがスタートします。

    

説明: Y:\07 産業経済部\ikimonotanbomai\shiki\images\haru.jpg

 

説明: Y:\07 産業経済部\ikimonotanbomai\shiki\images\natsu.jpg

    

稲と生きもの成長でにぎわう夏

夏の太陽によって、稲も生きものもスクスク成長します。水を湛えた田んぼにはメダカやカエルといった小動物が活動し最もにぎやかな季節です。琵琶湖近くの田んぼにフナやナマズが産卵のために昇ってくるのも特徴的です。

 

稲と生きものが織り成す実りの秋

秋風にたわわに実った稲穂が揺れます。夜には涼やかな虫の声が響き渡り、私たちに収穫の時を知らせてくれます。

    

説明: Y:\07 産業経済部\ikimonotanbomai\shiki\images\aki.jpg

 

説明: Y:\07 産業経済部\ikimonotanbomai\shiki\images\fuyu.jpg

    

白鳥も訪れる生きもの田んぼの冬

美味しいお米を育ててくれた田んぼにもひと時の休息がやってきます。冬の間、水を張ったままの田んぼは、白鳥などの渡り鳥たちの楽園になります。

Copyright© 高島市農林水産部 農業政策課 All Rights Reserved