説明: 農の匠が命をこめる たかしま生きもの田んぼ米

説明: 「生きもの田んぼ。」を探る 多田実の「たかしま紀行」

生きもの田んぼがつくる未来

琵琶湖の北西部一帯を擁する高島市。日本海側との分水嶺をなす山々を背に、湖岸線に至るまで、様々な自然条件の中に田園風景が広がっている。湖岸から平野部、そして豪雪地の山間部までと、多様な水田環境を擁する高島市は、日本の田園風景の縮図ともいえる。そして、多くの地域から姿を消していった生きものたちが、いまも豊かに暮らしている。
説明: Y:\07 産業経済部\ikimonotanbomai\kikou\images\tanbo.jpg

  

説明: Y:\07 産業経済部\ikimonotanbomai\kikou\images\ikimono.jpg

たとえば、高島の田んぼで見られるカエルは9種類におよぶ。これはイギリス全土に生息する両生類の種数を遥かに上回る。その中にはダルマガエルのような希少種も見られる。絶滅したトキに近い食性をもつため、近年急激に数を減らしているサギの一種、チュウサギも高島ではごく普通に見ることができる。

全文のダウンロード(PDF 432KB

多田実(ただみのる)プロフィール
昭和38年、東京生まれ。環境問題や生物多様性を主なテーマに寄稿・執筆活動を実施。雑誌『BE-PAL』にて「雑魚釣りニュース」連載中。著書に『境界線上の動物たち』『魔法じゃないよ、アサザだよ―ぼくらの霞ヶ浦再生プロジェクト 』など。

 

Copyright© 高島市農林水産部 農業政策課 All Rights Reserved