くらしの情報

シリーズ「学校に行けない」その3

登録日:2013年7月17日
健康福祉部 子ども家庭相談課

不登校の相談、お聞きします

「教育相談・課題対応室」

 
不登校とは、「何らかの心理的、情緒的、身体的、あるいは社会的要因・背景により、児童生徒が登校しない、あるいは、したくともできない状況にあること。ただし、『病気』や『経済的な理由』によるものを除く。」と定義されています(文部科学省)
 市内の小中学校にも、学校に行きにくくなったり、欠席が続いたりするなど、不登校に悩んでいる子どもたちがいます。特に、思春期特有の不安定な時期にある中学生に多いのが特徴です。
 不登校の子どもたちには、朝起きられない、登校時間になると頭痛や腹痛などを訴える、部屋に閉じこもりがちになる、特定の曜日に学校に行きたがらないなど、行動に変化が見られるようになってきます。不登校で最もつらい思いをするのは子ども自身です。早期に発見し、保護者と学校が連携して子どもたちを支援することが大切になってきます。

 小中学校では、「不登校はどの児童生徒にも起こり得るものである」という視点に立って、不登校問題に適切に対応できる学校づくりに取り組んでいます。お子さまの気になる様子に気づかれましたら、早めに学校に相談してくださるようお願いします。

ナイスキャッチ

高島市教育支援センター「スマイル」

 学校に行きたくても行けない子どもたちを対象に、不安や悩みの相談や集団での体験活動、基礎学力の補充などを通して、学校生活への復帰や社会的自立を支援するための施設です。不登校でお悩みの方は、下記の連絡先までお問い合わせください。 

活動内容
・悩みや不安の軽減を図るための個別相談
・集団への参加意欲を高め、自立を支援するための体験活動
・基礎的な学力を補充するための学習支援
・保護者や在籍校との連携

開所日時
 月曜日~金曜日 9時~14時

連絡先

 教育支援センター「スマイル」 9時~14時 電話 32-3986
  学校教育課  8時30分~17時15分 電話 32-4471
 

ここにいると

教育相談・課題対応室

いじめや不登校、友人関係、学習面のことなど、教育全般に関する相談に応じています。

電話相談
 8時30分~17時  電話  32-4406
面接相談
 電話でご予約ください。
場所
 高島市役所安曇川支所 1階


関連ディレクトリ



お問合せ先:健康福祉部 子ども家庭相談課
TEL :0740-25-8517
FAX番号:0740-25-5490
MAIL :kodomo@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る