その他情報

琵琶湖周航の歌

登録日:2011年8月25日
教育委員会事務局 高島市民会館

「今日は今津か、長浜か」と歌われる「琵琶湖周航の歌」。琵琶湖の美しい自然と、周航のロマンを情緒豊かに歌い上げたこの歌は、大正6年に高島市今津町で生まれました。
時代を越えて歌い継がれるこの名曲は、市の宝物です。

音符 本ページの末にあるダウンロードファイルにて、琵琶湖周航の歌をお聴きいただけます。
(合唱:ジュニア第九合唱団)(Windouws Media オーディオファイル)

琵琶湖周航の歌

    作詞  小口  太郎
    原曲  吉田  千秋

  われは湖の子  さすらいの
      旅にしあれば  しみじみと
     のぼる狭霧や  さざなみの
      志賀の都よ  いざさらば

  松は緑に  砂白き
      雄松が里の  乙女子は
     赤い椿の  森蔭に
      はかない恋に  泣くとかや

  浪のまにまに  漂えば
      赤い泊火  なつかしみ
     行方定めぬ  浪枕
      今日は今津か  長浜か

  瑠璃の花園  珊瑚の宮
      古い伝えの  竹生島
     仏の御手に  いだかれて
      ねむれ乙女子  やすらけく

  矢の根は  深く埋もれて
      夏草しげき  堀のあと
     古城にひとり  佇めば
      比良も伊吹も  夢のごと

  西国十番  長命寺
      汚れ(
けがれ)の現世(うつしよ)遠く去りて
     黄金の波に  いざ漕がん
      語れ我が友 
熱き心

今津港
琵琶湖遊覧の基地、今津港。周航の歌が刻まれた碑が建てられ、桟橋の突端には「赤い泊火」がある。
太古からのこの美しい琵琶湖の風景が、周航の歌を生んだ。

歌の誕生

 大正6年6月、第三高等学校(現京都大学)二部クルーは学年末(当時7月卒業)の
慣例によって琵琶湖周航に出ていました。小口太郎ら一行は大津の三保ケ崎を漕ぎ出て、
1日目は雄松(志賀町近江舞子)に泊まり、2日目の6月28日は、今津の湖岸の宿で、
疲れをとっていました。
 その夜、クルーのひとりが「小口がこんな歌をつくった」と同行の漕友に披露し、
彼らはその詞を、当時彼らの間で流行していた歌の節に乗せるとよく合ったので、
喜んで合唱したということです。「琵琶湖周航の歌」誕生の瞬間でした。


琵琶湖周航について

 三高では明治26年に初めて琵琶湖周航が行われ、以後学生たちによる恒例行事になっていました。
昭和15年ころまで行われていました。三保ケ崎から西岸を北上する時計回りのコースで、
4泊5日、もしくは3泊4日の日程。使われたボートは、フィックス艇といい、固定座席で、漕手6人、
舵手1人、他1~2人でチームを組みました。

周航図

作曲者はだれだ

 歌詞はその後、補完され、翌大正7年に6番までの全歌詞が完成しました。
そして三高の寮歌として、学生たちの愛唱歌として広まっていきました。
また幾多の歌手がレコードに吹き込み、昭和46年夏、加藤登紀子の大ヒットへと
つながっていきました。
 このころの歌集には、作詞作曲小口太郎、または三高ボート部となっていましたが、
小口太郎の人物像すら不詳で、熱心な研究者の手で究明が始まります。
そして冒頭のような事実が判明していきました。曲は「ひつじぐさ」のメロディを
借りたものとわかり、昭和54年には「作曲者は吉田千秋」と名前まで特定できましたが、
身元は不明のまま。
 平成5年6月に、今津文化会館で開催された「琵琶湖周航の歌開示75周年
記念イベント」の準備のさなか、実行委員会は「吉田千秋は大正4年に東京から
新潟県に転居している」との手がかりで、新潟県の地元新聞に消息探しを依頼したところ、
偶然にも関係者の目に止まり、ついに作曲者の詳細な人物像が判明したのです。
大海から針を探すにも等しい吉田千秋探しは、急転直下の展開をみせたのでした。


小口太郎
小口太郎 明治30年生まれ。長野県岡谷市出身。第三高等学校(現京都大学)に学び、のち東京帝国大学(現東京大学)に進む。三高在学中の大正6年6月28日、ボートで琵琶湖周航の途次、今津の宿で周航の歌の詞を仲間に披露した。「有線および無線多重電信電話法」の特許を取るなど、多才であった。26歳で永眠。


吉田千秋
吉田千秋 明治28年生まれ。新潟県新津市出身。若くして肺結核を患う。
現東京農業大学に学びながら、音楽やローマ字関係の雑誌に投稿を始め、
大正4年、雑誌「音楽界」8月号に「琵琶湖周航の歌」の原曲とされる「ひつじぐさ」を発表した。
24歳で永眠。


小口太郎が今津から友人に宛てたハガキ

  消印   大正6年6月28日  午後9~12

「昨日は猛烈な順風で殆ど漕ぐことなしに雄松まで来てしまった。
雄松は淋しい所で松林と砂原の中に一軒宿舎があるだけだ。
羊草の生えた池の中へボートをつないで夜おそくまで砂原にねころんで
月をながめ美人を天の一方に望んだ。今朝は網引きをやって面白かった。
今夜はこの今津に宿る。 今津で  小口」
このハガキと当時のクルーの証言から、今津での開示が立証された。

はがき

琵琶湖周航の歌資料館
高島市では、平成10年4月に「琵琶湖周航の歌資料館」を整備し、
歌にまつわるさまざまな資料を展示しています。また多くの演奏家、歌手による
「琵琶湖周航の歌」のレコードも取り揃えており、ご希望の方には
聴いていただくことができます。歌にちなんだお土産や今津町の特産も多数
取り揃えておりますので、お気軽にお越しください。入場は無料です。
開館時間 AM9:00~PM5:00(月曜および祝日の翌日は休み)
〒520-1622 滋賀県高島市今津町中沼1丁目5-7
TEL 0740-22-2108

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:教育委員会事務局 高島市民会館
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る